EDとセックスレスの密接な関係

EDになってしまうと、セックスレスの状態に陥ってしまう可能性が高くなります。

こういった状態になってしまうのは、男性側の自信消失や、存在意義の消失といったものが原因と言われています。

逆にセックスレスの状態になってしまうことによって、EDの症状が出てしまうケースも珍しくありません。
この両者は密接な関わりを持っているのです。

自信喪失で済んでしまえば、まだ救いようがありますが、この問題に触れずに放置しておくと、夫婦関係が崩壊してしまうことにもなりかねませんから、その原因と解消方法をしっかりと覚えておきましょう。

なぜパートナーとの関係が微妙になるのか

セックスレスになってしまうと、夫婦関係が上手くいかなくなり、離婚に至るケースも珍しくありません。

深刻な問題として苦しんでいる方が多いわけですが、どうしてパートナーとの関係が崩壊してしまうのか。

それは、この問題の多くは、どちらか一方が抱えて苦しむ悩みという特徴があるからです。

カップルやパートナーなどの間に起こる一般的な恋愛問題や、夫婦の悩みといったものの場合、関係を形成している2人でそれらを解決しようと悩むものです。

しかし、この問題の場合には、どちらか一方が、セックスがしたいという強い思いを解消できないという状況になります。

このため、一人だけで「自分のセックスのやり方がダメで、相手が苦痛を感じているのではないか」
「もう異性としては、認めてくれていないのではないか」
「こちらが全部悪い」
「絶対的に相手が悪い」
..といった一方的な結論を出し、暴走してしまった結果、関係がボロボロになってしまうことが多いのです。

特に男性が陥りやすい

前述のような暴走気味の状態になるのは、特に男性側が多いとされているのも一般的です。
男性というのは、固定観念や自尊心の塊とも言われています。

特にセックスに関しての固定観念の強さ、自尊心の高さは、女性では想像することも出来ないほどなのです。

例えば、女性が男性に向かって、男性のアソコを「かわいいね?」なんて感想を述べたとすれば、サイズが小さいってことなんだろうと大きなショックを受けてしまいます。

そうすると、その女性とのセックスのシーンになる度に「俺のアソコは小さい。こいつには物足りないと思われている」という思いが頭の中を駆け巡り、なんとか満足させようと、暴走気味のアブノーマルなプレイをするか、セックスをすることを拒否するといったアクションを起こしてしまうものなのです。

こういった男性の頑固な態度や思考によって、段々とセックスの頻度が少なくなっていき、最後には、完全になくなって、会話すらも行われなくなり、冷えきった状態になってしまうという事態を招きます。

言葉が足らないことで起こる

セックスに関しての不満などは、前述にもある通り、ちょっとした言動や行為が、相手を酷く傷つけてしまう場合が多いもの。

最近の会話がメールやチャットアプリの影響なのか、伝わっているだろうという過程で、言葉足らずになっている状況です。

自分勝手に褒めているつもりで言葉を放ち、受け取り側も自分勝手にけなされているだとか、馬鹿にされているという風に感じてしまう。

お互いの理解の欠如や、気遣いのなさが、最悪の状態を招くことになるのです。

「せっかく誘ってあげてるのに、エッチしてくれないなんてこの人は、もう自分のことを性的な対象としては見てくれていないんだわ」

「かわいいなんて、過去にどれだけ立派な男とセックスしてきたんだ…どうせ自分じゃ満足出来ないだろうから、こんな女とはセックスするのはやめよう」

お互いにこんな風に実際には誤解であるにも関わらず、言葉が足りていないことによって、怒りがどんどんと増していき、最後には、顔を見ることや、その場にいるということすらも耐えられなくなってしまう。
そして離婚にまで至ってしまうわけです。

勝手に妄想しないこと

前述までは、お互いの理解が足りていないことによる、レスへの過程ですが、その原因がEDである場合には、やはり男性の自尊心の高さからすれば、それを知られたくないと思うことからも、パートナーへ相談されるケースは少ないでしょう。

恥ずかしい。

男としては終わっていると思われるかもしれない。
性欲の解消をするために、不倫に走ってしまわれるんじゃないか。

このような不安がつきまとってしまうので、EDを告白する男性は、とても少ないといえます。

それが前述にある通り、二人の間に勝手なネガティブな思考を生んでしまうことになり、結果としてパートナーとの関係を悪化させてしまうことになるのです。

勝手に落ち込んで、ネガティブな妄想を走らせ、不幸が待っていると思い込んで、大切なパートナーに打ち明けず、相談もしないといった行為は、負のスパイラルに陥ってしまう典型的な第一歩と言えるでしょう。

望んでもいない離婚という最悪の事態に陥らないためにも、EDであることを隠し通し、相手を拒否するような真似は止めましょう。