EDを悪化させてしまう自慰行為とエロ動画

パートナーにもひた隠しにする男性が多い中、第三者である医師の下に訪れるわけがないと思われる方がほとんどでしょう。
但し、ED相談に導く方法というのは、いくらでも存在しているのです。

自己中心な男性ほどに拒否をする

EDにかかってしまった男性の中でも、ED相談などに行くことを拒否する男性の多くは、マザコン気質があり、母親もいくらパートナーが中高年になろうと、可愛がるという姿勢を崩さないという共通点が見られます。

これによって、自己中心的なわがままな性格が形成され、他人の目や体裁などといったことを非常に気にする傾向が見られます。
プライドも当然に高いため、ED相談などを利用することには、全力で拒否するわけです。

浮気や不倫に走る方が健全

EDの場合、パートナーを変えれば、なんとかなると思う方もいらっしゃいます。
女性にしてみると、最悪と判断されるタイプですが、実はED改善のことだけを考えると、この発想は正解なのです。

一番、まずいのは、アダルト動画や作品などをみて、短時間で簡単に済ませてしまうという性処理の仕方です。
自己中心的な考え方ですから、いちいち女性を喜ばせ、口説き、エッチな雰囲気に持って行き、前戯を行って、挿入をする。
この一連の行為が面倒臭いと思うわけです。

しかも、フィニッシュにまで至らず、中折れをしてしまうとなった場合には、自信も喪失してしまいますからね。
だからこそ、アダルト動画などでサクサクと自己処理をしてしまう方が楽として選択してしまう。

こういった生活をしていると、脳や肉体がそれに慣れてしまうことになるのです。
簡単な射精をすることで、脳や身体がそれを覚えてしまう。
すると、いざセックスのシーンになった時、長時間の勃起が出来なくなり、EDの症状が悪化するという悪循環に陥ってしまうのです。
EDのことのみを考えた場合、外に異性を作ったり、性風俗店に通うという選択肢の方が良いという結論になるのです。

ED相談させるには…

エロ動画などを使った自慰行為が悪いことが分かった所で、一番良いのはED薬を服用することです。
そこでクリニックに連れて行くコツですが、これまでに行っていたセックスへの誘いをやめ、一切興味や関心を持っていないという姿勢を見せることで、この手の男性が初めて焦ることになるのです。