嫉妬心を克服することで解決へ導く

ED男性の特徴としては、自分がEDになっていることは、薄々感じているわけです。
それをパートナーに知られたくない。
その上で、パートナーは自分がいないと生きていけないといったような絶対的な自信を持っているので、パートナーがセックスを求めてきても、平然とそれを拒否するというアクションを起こすのです。

溜まってしまう欲求不満に関しては、手軽に出来るアダルト動画を見ながらであったり、短時間で発射させてくれる性風俗店で行うといったパターンが多くなります。

これらの行動によって、EDの症状は、ますます悪化してしまうことになるのです。

マンネリが原因である場合には効果的

セックスがマンネリ化してしまった。
なんとなくレスの状態になってしまった。
それが原因になって夫にEDの症状が出てきてしまい、ますますレスが深刻化してしまった。

このような場合には、まず、自分は周囲の男性から、性的な対象として認められているということを、パートナーに知らせてあげることが重要です。

それを知らしめることで、嫉妬心を持ち、自分もしっかりと相手をしてあげなければ、パートナーに捨てられてしまうかもしれないといった不安感を煽るのです。

男性の多くは、セックスの関係を結んだことでも、告白を受け入れてくれたこと。
まして婚姻届にサインをしてくれたという事実があることでも、もう自分の所有物であり、離れることは出来ないという、何の根拠もない自信と安心感を持ってしまうものです。

だからこそ、周囲の男性にチヤホヤされているパートナーの姿を見て、自分のパートナーは、これだけ他の同性からしてみると、魅力的なんだと思い直すわけです。
これはレスの状態が長く続けば、不倫に走られるチャンスなど沢山巡ってくる。
ヤバイなと思っちゃうわけです。

軽いEDなら嫉妬作戦がベスト

このように軽いEDでのレス状態なら、嫉妬心を煽り、改めて自分の価値の高さを示すことが効果的です。
何も本当に浮気や不倫をしろと勧めているわけではありませんが、自宅の中にこもって、他の異性とは触れ合う機会がないという環境は少なくてもED改善には導けません。