セックスレスでEDパートナーができること

EDになってしまうパターンは、多様に存在しているのですが、一番多いケースが、パートナーとのセックスを面倒だと感じてしまい、簡単な自己処理に走ってしまい、EDの症状が悪化。

そして、その事実をひた隠しにしようとして、ますますパートナーとのセックスを拒否するという状況が訪れるのです。
ここでは、一端離れたパートナーの心を取り戻す方法を紹介していきましょう。

興味や関心がないように振る舞うこと

一番オススメなのは、パートナーに対して、興味や関心のないように振る舞うことです。
それって、逆効果になるのでは?と思われる方も多いでしょう。

しかしながら、男性の多くは「釣った魚に餌を与えず」というパターンに陥ることがほとんど。
男性は手に入ったと思っているものには、労力などを注がないもの。

手に入ったと思う要因は、あなたがパートナーに愛して欲しいだとか、かわいがって欲しい。
大切にしてと事ある毎にかまってしまうからなのです。

逆に恋人や夫婦になる前のように、興味や関心がないという態度を見せることによって、パートナーは焦るもの。
決して愛情があるからセックスをしたいと思うのではなく、男性の場合には、相手を屈服させたいという征服欲から、セックスをするものです。

だからこそ、興味や関心をない素振りをするのが効果的なのです。

パートナーが襲ってきたら?

興味や関心がない素振りをしていると、また征服欲求が頭をもたげてくることになります。
すると、もう一度自分の所有物にしたいという衝動が強くなり、襲いかかるようにセックスを求めてくることも珍しくありません。

こうなった場合に、拒否をするのではなく、最初は拒否をするような姿勢を見せておきながら、次第に気持よくなってくるといったような受け入れ方をしましょう。

多少オーバーめに演技で絶頂をする振りをするのも良い方法なのです。
基本的にEDの男性は、勃起時間が短いですから、身体や脳が勃起時間が短くても良いように早漏の状態になっているのです。

だからこそ、イク演技をしてあげることで、ED男性にセックスが出来た。
一度だったとしても、絶頂を迎えさせ、満足させることが出来たという自信につながり、どんどんと改善されるようになっていくのです。